買い物難民

日本国内では、過疎が進んでいる。
限界集落の数も急速な勢いで増え続けている。
高齢化問題の中のひとつに「買い物難民」がある。

「買い物難民」は、地域の商店などが過疎や大型ショッピングモールの影響などで、経営が立ち行かなくなることで減っていったり、無くなったりしてしまい、生活圏のなかで食料や生活必需品を買うことができなくなる人たちのことだ。

自動車を持っていれば遠くても買い物に行けるが、自動車を持たない人たちは体力もなく交通手段も乏しければ、買い物ができない事態に陥るのである。

政府は、このような「買い物難民」を支援する企業や団体に助成金を出すことで、その地域ごとの解決を狙っている。
NPOなどが介入し、不便が解消された地域も少しはあるようだが、それだけでは追いつかない勢いで、買い物に困る「難民」は増えている。

お年寄りはひざや腰を痛めている場合が多いのだが、それでも、徒歩で往復1時間以上掛けて買い物に行かなければならない地域もあるそうだ。
小売店が大型ショッピングセンターによって売上を持っていかれてしまったために、高齢者は苦労している。

重い荷物を持って徒歩で往復一時間は、かなりきつい。
したがって毎日は無理であり、週に数度の行動になるため、必然的に、食は質素になりがちである。

そのために宅配サービスを利用する高齢者もいることから、スーパーの宅配事業への参入も積極的になっているそうだ。

土産は石垣島のダイビング体験
地元のダイビングインストラクターの指導で潜るポイントも。参加はコチラ。
www.blue-water-divers.jp/

金沢への高速夜行バスで旅を満喫
座席指定とキャンセル待ちができるのが他のサイトと大きく異なる特徴
夜行バス案内所.com/
関連:www.archeoland.net
バスの旅を満喫

«