和痛分娩での出産

私は第一子を和痛分娩で出産しました。
和痛分娩とは硬膜外麻酔による無痛分娩に比べると痛みを若干やわらげる分娩方法です。

無痛分娩との違いは、出産時に痛みが全くなくなるわけではないので結果的に自分でいきんで出産します。
そのことで産んだ感覚を母親が実感できるのです。

自然分娩に限りなく近い無痛分娩という事で、完全に無痛分娩にするのに抵抗がある人はこの和痛分娩をするようです。
私がお世話になった産婦人科はほぼ100%の方がこの和痛分娩でした。

初めての出産ですから、先が読めず精神的にも不安だらけですし、和痛分娩でも正直痛かったです。
比較するにも経験が無いので和痛分娩の効果はわかりませんでした。

不安の無い食材提供の食肉卸業者
大切に育てられたブランド牛や豚・鶏を更に高い品質管理と効率的な加工販売で顧客急増中
meat-kimura.co.jp/

第二子は別の病院で出産したのですが、呼吸法とヨガを取り入れた指導を受け、自然分娩で出産しました。
とてもゆったりと落ち着いた気持ちで出産でき、こんな出産もあるのかと思いました。

一般的に第二子の出産は第一子の出産より楽だと言われますので、これまた比較対象にはならないのかもしれませんが、私としては和痛分娩でも自然分娩でも結果的に赤ちゃんが無事生まれてきてくれれば、それで良しなのかと思いました。

旦那が一生懸命に出産方法に関することや、そこに到るまでのケアを勉強していたのが印象的です。
普段は勉強嫌いで通っている人なのですが、変われば変わるものですね。
さらにびっくりしたことは、タバコをパッタリと止めたことです。

机には、どこかで調達したであろう、メンソール味の電子タバコを通販サイトで買ったのか、大量に置いてありました。

金沢行き長時間移動の高速バスも快適な車内
リラックスを前提とした車両の内装設計は業界トップクラス。女性専用車両も好評。
www.489.fm/
関連:www.grandyorkrite.org
快適な車内のバス

«
»